Happy to Go with Physical Books / 意外に健闘する「本」という存在。




デジタルで買うか、ホントの本を買うか…。

いまのところ、わたしが迷わずデジタルで本を買う場合は、
  • 今すぐ読みたいとき
  • マンガ
  • 雑誌(旅行関連)
  • 資料(ビジネス関連)
 です。

それ以外は基本的に昔ながらの「本」。

そもそもモノとして本がすきということも根底にありますが、紙独特の安心感てあると思います。

雑誌も、意外にも残したいものは本誌を買います。
デジタルのほうが管理が不慣れだし…アカウントなくしたらオワリだわ、とか考えるとまだまだ 紙のほうがいい…。
逆に紙。

雑誌については、きょう誰かが「同じコンテンツでもデジタルで見るとちゃちく見える」と言っていて納得。
サイズの問題もあるし、やはり人間は紙の重みや手触り、ページをめくるスピード、そのとき起こるふわっとした風…といったものを総合的に感じ取ってコンテンツを消費しているのかも。

音楽がほとんどダウンロード形式、そしてサブスクリプションモデルになったことを考えると、紙の健闘は意外ですよね。

そんなことを思って英会話の宿題をしていたら、ひとつ記事を発見。
アメリカでもデジタルで本を読んでいる人は28%(ホントの本は65%)と、そう多くないよう。
その理由は、そもそも「アメリカ人はそんなに本読まない。」とのこと。
本を読む人の数自体が減っているから、デジタル書籍も盛り上がらないんじゃない?と。

確かに、電子書籍のほうが少し安かったりするけど、その差もある程度量を買わないとたいした額じゃないしね…。




一番いいのは両方うまく使いこなすこと。
どちらがいい、とかじゃなく、早く必勝法を編み出したいものです。

Previously most people have believed that digital books make print obsolete. 

However, 65% of Americans have read a physical book in the last year while only 28% have read a digital one according to the survey. Even though digital books are cheaper and easier to bring than physical ones, the tendency to read books has not changed as much as we had expected. 

According to the article, it’s because Americans just don't read much. 
The advantages like cost efficiency, portability and flexibility for purchase don’t make a big difference with small consumption.

Hmm. For me, I buy e-books and physical books to the same degree. Currently I read a book to escape the digital world, so I am more likely to choose physical books.

コメント

このブログの人気の投稿

Casual dishes in Barcelona./ バルセロナでゆるーい美食を。

One-day Juice Cleanse. / レインボー・ジュースクレンズ。

MURDER POLLEN's 15th Anniversary. / マーダー・ポーレンの新作をもとめて。