投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

Over 60. / 還暦を越えてなお素敵なフランス人女性たち。

イメージ
イザベラ・ロッセリーニさんが再びランコムのミューズへ就任されました。


63歳ということだけど、すごくチャーミング。

イタリア人の映画監督のロベルト・ロッセリーニとスウェーデン人の女優イングリッド・バーグマンのあいだに生まれ育ったという超セレブな女優…である一方、なぜかその笑顔には親近感も感じる。(のはわたしだけ?)

女優として、文化人として常に新しいことにチャレンジし、自分をアップデートする生き方。


いつまでも個性的でモダンな女性たち。
そんな“美しさ”の価値観として、注目の Over 60 のフランス女性について考えました。

美のアイコンとして、ポジティブなメッセージを発信し続ける彼女たちのなかで、最も注目しているのはこの方。

いまとにかくカッコいいのがクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)さん。60歳。
国際通貨基金(IMF)専務理事として、経済ニュース、あるいはEU問題などでよく目にしますよね。



若かりしころはシンクロナイズドスイミングの選手でもあったというラガルド氏。
まさに、才色兼備、文武両道…。

これぞフレンチシック!モノトーンのコーディネイトが多いなか、こんなシルエットもさらりと。

パンツスーツも王道の着こなし。

スーツもスカーフ使いで一気に華やかに。


去年流行った「フランス人は10着しか服を持たない」などもありますが、それも経験からかな?と思います。
いろいろトライしないと、自分のスタンダードなんてわからない。
試行錯誤した結果、ミニマルな、自分にフィットした上質なものが残るのかな、と思います。

わたしは、若いうちは、何でも気になるもの、好きなもの、やってみたいことに突き進むほうがいいとおもう。
特に服なんて、自分の好きなものをどんどん着ればいい。探せばいい。買ってみればいい。

水原季子ちゃんも「若い子がノームコアやシンプルモードん服を着るなんてもったいない!(@ViVi2016年4月号)」といっています。笑
大人になったら必然的にシンプルになるんだから…と。

季子ちゃんほど服を着てきた子がいうのだから…そうだよ!


ちいさなころはパリジェンヌにあこがれてFIGAROばかり読んでいたわたし。
アラ還のフランス女も憧れのターゲットになるとは…。
目指してみようと思います。

Pain d'épices / パン・デピス

イメージ
ずっと気になっていたお店、ブリコレ(Bricoler)に行ってきました。
パン・デピスの専門店で、知り合いの奥様がやっている小さくて可愛いお店です。

ラテン語諸語が分かる方はピンとくると思いますが、エピス(Épice)= スパイス。
油を使わず、小麦粉と蜂蜜をこね合わせたパンに似たたべもので、パン?なのかケーキ?なのか…といった感じ。
作り手によって多少変わると思いますが、わたしがいただいたのは濃厚で、そのままでも、チーズやワインに合わせてもいただける万能選手でした。
ヨーロッパの北で食べられているお菓子らしく、保存が利く “熟成系” ケーキです。
しっとり、どっしりなので、ちょっと薄めに切ってゆっくり味わっていただきたいお菓子。
次回の青山パン祭り(第8回)にも出展予定です。 詳細はこちら
3月18日(土)、19日(日) 会場:東京都渋谷区神宮前5–53–70  @国際連合大学前広場
80店以上のこだわりのあるパン屋さんが大集合。 春のお散歩の寄り道にも!

Short & Smart Stay in Taiwan./ 弾丸台湾ステイ。

イメージ
転職してからというもの、最近たまに台湾出張が入るようになりました。



仕事で日中は缶詰だし、土日を挟むこともないので、自由時間はほぼナシ。

そんななかで、スキマ時間にやってみて割と良かったことをメモ。


台湾シャンプー朝ごはんパイナップルケーキ

台湾は沖縄よりもさらに南にあり、湿度も高く冬の一時期以外は日中ものすごくすごしにくい…。

そういう気候もあってか、夜遅くまで営業しているお店が多く、たいていの百貨店や商業施設は22位くらいまで開いています。

夜市はもちろん、マッサージ店やごはんやさんもやや夜が遅めでも大丈夫。
仕事が終わってからも(元気があれば)楽しめる街なのでした。


台湾シャンプー 座ったままシャンプーを泡立てる、台湾シャンプー。 それ自体は特段オススメするわけではないのですが、オプションでつけるマッサージがすごい! カッサ?のようなもので、頭皮を縦横無尽にゴリゴリされます。
わたしがいったのはこちら。
曼都髮型 (Mentor Hair Stylist)
台北内でいくつかお店があるよう。マッサージつきだとちょっと高くて、約4000円くらいだったような。

最初は「頭皮がもがれるんじゃないか」というくらいで、心配になるのですが、ものの2分くらいで寝てしまいそうな気持ちよさに…。 確かに痛いんですが、それを超える刺激です。
日本では絶対に味わえない施術なので、オススメ。 頭皮が硬い人、目が疲れている人などには特に良さそう。

  2.朝ごはん


阜杭豆漿 (Fu Hang Dou Jiang)

「得体の知れないたべもの…。」 そう思ったけど、一口食べたらはまるおいしさ。 揚げパン入り塩味の豆乳?らしいです。おぼろ豆腐とおかゆを足して2で割り切れなかったような感じ。クセになるおいしさ。


朝10時くらいだとそんなに並ばないかと思います。 遅めの朝ごはんでよい、という方は是非。


  3.パイナップルケーキ


たくさん種類がありますが、わたしはこの2つを推薦。
SunnyHills at Minsheng Gongyuan (微熱山丘)
ちょっと離れた場所にありますが、富錦街(フージンジェ)という“いま台北で最もおしゃれなエリア”も近いので、一緒に行ってもいいかも。

フランスAOP認証の発酵バターと、夏に収穫されるパイナップルのみを使用した贅沢なパイナップルケーキ。 ほかのメーカー…