投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

Cooking Lesson. / 料理教室でリフレッシュ。

イメージ
昨年より、たまーに料理教室に行っています。
むかし通っていたABC cooking スクールのようなチケット制ではなく、 先生が個人でやっているちいさなお教室です。
生パスタとイタリア料理のちっちゃいお教室 mano a mano マーノ・ア・マーノ
当初、LIKE LIKE KITCHEN に行きたかったのですが、なかなか予約が取れず instagramでつながりのあるmano a manoを見つけました。
ポストされていた写真もかわいくて、これも縁かな、と思いブログ経由で問い合わせてみることに。
一度行ってみると、アットホームななかに先生のこだわりが詰まった食器類、インテリアなど 居心地の良い空間にうっとり。
もちろんレシピもおいしいし、だいすきになってしまいました。

今回はこちら。
☑ ふわーん、とろーん、なニョッキ ☑ 塩豚とお豆の煮込み ☑ ブルッティ・マ・ブオーニ


こちらのお教室の特徴は、なんといっても生パスタ。
ひとりだとまず面倒なイメージが先行してチャレンジしないですよね…。
でも、先生のレシピでみんなで作るとあっという間!
今回はニョッキだったので、幾つか成形方を教えてもらいつつ、たのしく作業しました。


豆をもどしたり、塩豚のほかの活用法を聞いたり…。


メニューのレシピを教わる以外にも、食材の活用法、調理法のアイデアをたくさん学べます。

いつもおいしいワインを用意してくれるのも素敵。
4-5人でレッスンを行うのですが、はじめて会う方とも、料理をしながらおはなしできたりして、刺激にもなります。
最後は dolce で〆ておわり。


ちなみに、自己流ですが、ニョッキはすきでよく作っていました。
冷凍できて、忙しい時もすぐゆでて食べられるところがグッド。
テレビで紹介されていたラ・ベットラ・ダ・オチアイ、落合シェフのレシピを模造しています。
メモ的にレシピをこちらに。
【バジルソースのニョッキ】
【万能バジルソース】 (作りやすい分量)  バジル 50g  松の実 50g  パルメザンチーズ 50g  ニンニク 小1片  塩 小さじ1  オリーブ油 1/2カップ 
【ニョッキ】(4人分)  ジャガイモ 中4個(600g)  小麦粉(あれば強力粉) 100g  卵 2個  ※小麦粉、卵の量は、茹でたジャガイモの水分量によって調整してください。 
万能バジルソース仕上げ  万能バ…

“JOJO'S BIZARRE ADVENTURE” / 今年の相棒はジョジョ。

イメージ
昨年は大いにデス妻にハマったわたし。




「スーザンのばか!」
「リネット…、それでもトムなの?不幸な女ね…」
「ブリーがやっぱり一番だな」
なんて毎日妻たちと一喜一憂していました。

しかし、180話観終わって完全に空洞に。

悲しいとか寂しいというよりも、放心状態になりました。




つぎは何を観ればいいのー!!!!

そんな悩みが解決されました。



ジョジョ”です。

周回遅れではまりがちな私ですが、今年はなんと「ジョジョの奇妙な冒険」にハマりそうです。

1987年にジャンプで連載が始まって以来、主人公は何世代も変わり、
舞台もストーリーによって変わるので、はからずも世界中を旅し、
いまなお絶大な人気を誇る“ジョジョ”。

そのカリスマ性を知っていたからこそ「なんか危ない予感」がしたため、遠ざけていました。
今更…と思いつつも、つい出来心から手を出してしまいましたが、はやくも中毒性が現れはじめています。

現在、発売済み111巻のうち(*絶賛連載中)8巻までを読了。

あと100巻以上あるのでしばらくは寂しくない!

今年はジョジョYEARになりそうです。


I am very behind in the trends this time after I became a huge fan of “JOJO'S BIZARRE ADVENTURE” just now. 
“JOJO'S BIZARRE ADVENTURE” series started in the WEEKLY JUMP  magazine back in 1987.
JOJO the hero is always attractive and the stories are complicated and very interesting. The stage changes with the stories.  This manga is so famous it has a lot of fans abroad as well. In 2011 famous fashion brand Gucci ran an ad campaign with JOJO. It was to celebrate Gucci’s 90th anniversary. I’ve already read eight vol…

New Year resolutions for 2015. / 新年に向けて。

イメージ
アメリカの新年の決心?抱負?ベスト10という記事を見つけました。

Happy New Year 2015: The Top 10 Most Popular Resolutions
以下、10項目。


10.             Get More Sleep  9.              Volunteer to Help Others  8.              Travel  7.              Floss 6.              Save Money And Improve Your Finances  5.              Accomplish Your Goals 4.              Learn a New Language  3.              Go Green  2.              Quit Smoking/Drinking 1.              Lose Weight and Go To the Gym

7.Floss が珍しいな、と思うくらいで、だろうね、というものが多かったです。

万国共通ってこと?

ただ、せっかくだからわたしも考えよう、とおもい、4つ定めてみました。


・ 腹筋を割る。

洋服を着ることが好きなので、まだしばらくは好きなものを着れるように。
着やせとか、体型をカバーするために服を選ぶのいやだもん。


・ ちゃんとしたレシピでお料理する。特に和食。

料理は好きな方だけど、いつも適当にやってしまうので。
一度ちゃんとした、正統派のレシピを体得したい!


・ ウクレレの練習をする。

2年前にハワイで買って、帰国後は一度もあけていないマイ・ウクレレ。
練習して代々木公園でリサイタルを開きたい…。


・ 小澤征爾さんの演奏を聴きに行く。

行け、勝手に。ってかんじですが、これも一応。
だいすきで去年も行きましたが、かなりの高齢。
急いで、一度でも多く彼の生演奏を聴かなければ!



Have you made any resolutions this year?

I set some personal goals as my New Year’s resolutions. Mine are these 4 things:


1) To improve my abs.

I love…

Lady Gaga meets Shiseido. / 資生堂の2015年新年広告。

イメージ
突然ですが、新聞とってます?

都内のひとり暮らしの女性なんて、まず新聞とってなさそう…。

かくいうわたしも、金融機関を退職した次の月には契約終了したくらいだし。
あんなに愛読していた日経新聞も、実家に帰ったときくらいしか読まなくなりましたね。

というのも、資生堂恒例の新年広告が今年はガガ様を起用したselfieプロモーションだったとのこと。



地方紙を含む50誌に、それぞれ別パターンの広告ヴィジュアルを掲載。

「その人がその人らしく生きることを応援」するレディー・ガガの主張と親和性があることから当企画が実現しました。  (資生堂コーポレートサイトより) 【参考】 資生堂 2015年新年広告

肝心の写真は転載できなかったので省略。

ナチュラルでリラックスしたムードのものもあれば、ぎらぎらグリッターメイク、セクシーなものからすっぴんまで、本当に七変化ならぬ五十変化…。

「さすが、ガガ様!」という感じです。
それぞれの完成度が高いです。

ガガ自身も「日本でメイクアップ革命をスタートするのがすごく楽しみ!」とツイートしていました。

I'm so excited to start a makeup revolution in Japan! The 50 Selfies celebrate Haus of Gaga creations & the future of the face w/ @Shiseido!
12月29日のツイート↑ですが、すぐに4,471リツイート!



そうそう。そういえばわたし、こういう変身モノの広告すきなんですよね。



沢尻エリカさんのソニエリ(ケータイ)、100変化もかわいかった。

ちなみに、翌年の小栗旬バージョンは10変化と大至急縮小気味。



* 機能の多様性を100変化/10変化に現したようなのですが、
このころガラケーのガラパゴス化(高機能・高付加価値の行き過ぎ)が最高潮だったような気も…。


資生堂&ガガ様の広告は企業広告だし、毎年新聞に掲載するのが恒例なので
そうしたのかもしれませんが、ちょっと残念だなーと思うことも。

新聞てほんと、おじいちゃんおばあちゃんくらいしかとってないし、
おそらくその世代はガガ様を知らない…。
「奇抜なネーちゃん」が出てるな、くらいだと思います。


資生堂は個々の美の多様性を認め、それぞれの美を応援する企業。