投稿

2015の投稿を表示しています

"INSPIRATION" New York. / アメリカンヴィンテージの展示会。

イメージ
語学学校で知り合った女の子に、「週末に面白い展示会があるから!」と言われて観に行った“INSPIRATION New York”
アメリカの古着を扱う、主に業者向けの展示会です。
わたしがヴィンテージの洋服やジュエリーが好き、と言ったら教えてくれました。 (彼女はエントランスを手伝うのだとか。)
Brooklyn Expo Center (72 Noble St,Brooklyn) で 10月16日、17日と行われていました。




全米からサプライヤーが集まっていました。


洋服、とくにデニムや革製品が多かったです。
一部、帽子、ブーツやスニーカー、ファブリックなども。





バイヤー、サプライヤーともにどうも日本人が多いなぁ、と思ったのですが
どうやら発起人が田中凜太郎さんという日本人なんだとか。

もともとロサンジェルスでこういった展示会を行っていたようなのですが、徐々に盛り上がって東海岸まで拡大したようです。

また、エントランスで入場料を払った際に渡されたのが BEAMS のデニムバッグとミニカタログ。
これまた、田中さんの人脈で BEAMS がメインスポンサーなのだとか。
BEAMS、まさかこんなことをしているとは…!

欲しいものもあったけど、どうも物価を高く感じてしまうわたし…。

衣料品はやはり日本が安いですね。
このところは。

吟味に吟味を重ね、一個だけ買って会場を後にしました。



INSPIRATION New York

田中凜太郎さん オフィシャルサイト




Brooklyn Flea in W/W. / ブルックリンの屋内フリマ。

イメージ
いまはニューヨーク一有名なフリーマーケット、Brooklyn Flea
秋冬は屋外に場所が移動するって知ってましたか?

そんなこと知らなかったので、調べていってよかった…。
夏しかニューヨークに来たことがなかったわたしは危うく寒空の中 Williumsburg の道端に出向くところでした。
10月17日からはその名も "Winter Flea" となり、Industry City(241 37th st) へ場所を移しての開催となるのでした。
なんとSmorgasburg の Food Flea も合同開催されるので一石二鳥、そして雨でも問題ないという至れり尽くせり。

会場のIndustry City はブルックリンのなかでも結構南の方。 わたしが住んでいる Greenpoint からだと約40分の道のりでした。

メインは Building 2。1階から6階までが会場となっています。
行ってみてびっくりしたのは、アトリエがたくさんあったこと。
4~6階までは、アトリエが点々と公開されていました。
Open Studio ということで、建物の中にアトリエを構えるアーティストの作品はもちろん、制作現場に入れます。
展示即売会みたいなことをやっているスタジオもあれば、ちょっとしたパーティをしているところも。
みなさんとてもフレンドリーで、商談をしなくても楽しめます。





特に素敵だと思ったのはこちら。 Jean Wolff さんの作品。
一番ちいさなものは100ドルから買えたと思います。






Building 2の 3階は、プロ向けのVintage Marketplace がありました。 エントランスで15ドル払って入るのですが、せっかくだから行ってみることに。

ほかの階のヴィンテージとはすこし違い、お店ごとにコンセプトがあったり、ハイブランドのビンテージがたくさんあったりと、お金を払う価値はあったように思います。

(こちらは毎回あるわけではないようでした。)


さて、フロアを移動。


Cooking Class at The Brooklyn Kitchen. / ブルックリンの陽気な料理教室。

イメージ
先日、ブリックリンはウィリアムズバーグのある料理教室、The Brooklyn Kitchen の料理教室に参加してきました。
今回のテーマは「Fresh Pasta」。
今まで東京では生パスタのお教室には何度か通ったことがあります。
ニューヨークのイタリアンのレッスンはされさてどんなものでしょうか…。


The brooklyn Kitchen は、もともとキッチンウェアや調味料、野菜からパンやお肉などブルックリン産の食べ物など幅広く “食” に関わるものを扱うお店です。
調理器具や食材を紹介する、その延長線上で、料理教室も始まった模様。



今回は
☑ トマトソースのタリアッテッレ ☑ カッテージチーズのラヴィオリ
でした。

まずは根本の生パスタづくりから。
シンプルに 小麦粉(1カップ)、オリーブオイル(tbs1)、塩(tsp1)、たまご1。
ねかした生地を薄くしていきます。 0~8まで薄くして、適当な長さにカット。
幅が狭いものをタリアテッレ、幅に問題がないものをラヴィオリに使います。




ラヴィオリは専用の型?を使いふぃりんぐを詰め、成形
タリアテッレはゆでてソースに和えます。
※ソースは授業では習いませんでした。レシピを頂くのみ。


アメリカの料理教室でいつも不思議に思うのが計量。

TBS … テーブルスプーン。
TSP … ティースプーン。

何グラム、とかじゃない。


前回、別の料理教室に参加したときは 「スプーンの大きさなんて家庭によってまちまちだろうし、適当なレシピだな」 とおもいました。

ただ、今回分かったのは、どうやらそれぞれ一般的な計量スプーンのようで、これはこれで正確な尺度なのだ、ということ。

なるほど…。
日本で一合、とか言っているのに近い感覚なのかな、とおもいました。




参加者もカップル、友達同士、職場の仲間などいろいろで和気あいあいの楽しいお教室でした。


ビジターでもウェブで簡単に申し込めるので、少し時間がある人にはおすすめのアクティビティです。

もちろん、キッチン用品を除きに来るだけでも価値はあると思います。


■The Brooklyn Kitchen
100 Frost St. Brooklyn
open : 10:00~20:00 ※日曜日は一時間早まります。

料理教室のカレンダーはこちら
※エプロンなどすべて貸出可。手ぶらで参加できます。





Ukrainian East Village Restaurant. / 公民館にある隠れウクライナ料理店。

イメージ
本日は、初のウクライナごはんを頂いてきました。
East Village にある、National House(要は日本でいう公民館?)の一角にある、しかしパブリックなレストランというよりは食堂。
ピンクネオンがなにやら不思議な雰囲気。笑


もともとウクライナ料理をほとんど知らないことにこの場で気づき、いったい何を頼もうかと思惑。
結果、おばちゃんのアドバイスもあり、ランチメニューの、ウクライナっぽいものを2品チョイス。


こちらは Varenyky(ピエロギ?)。 すごくざっくり分類すると、ラビオリ。
こちらは Nalysnyky(ナリスニキ?)。 またもやざっくり説明すると、軽く上げたパイ。 なんとも言えない品だったので wiki でしらべると、“ブリンツ” という食べものがあり、その一派だとか。
わたしがチーズを選んだためか、甘じょっぱい味でした。
ほかにも、ボルシチやソーセージなどあったけど、なんとなく見たことも聞いたこともないものを選んでみました。
非常に質素で、堅実なお料理。
粗食を好むわたしにはぴったりだったかも。


ニューヨークは移民が多くていろんな料理が本格的なスタイルでいただけます。

レストランで世界一周も難しくない街!


■Ukrainian East Village Restaurant
140 2nd Ave, New York
(Btwn 9th St & St Marks Pl)

オフィシャルサイトはありませんでした。
詳しくは Yelp を参考に!


My Yummy Neighborhood. / "おいしい" ご近所情報。

イメージ
滞在している Greenpoint は歴史的にポーランドの移民が多い地域。


まだ Williumsburg ほど開発されていないので、なんでもあって外国人にとって不自由はないけども、庶民的で安全で暮らしやすいので気に入っています。
特に、ベーカリーが多く、ヨーロッパにありそうな雰囲気の小さなお店が多いのもすきなところ。
観光地化されていないし、移民同士よく行き来するようなカジュアルなお店ばかりです。
(ルームメイト曰く、not fancy, but usual and good. らしい。)
そんなご近所で、ぜひリピーターになりたいお店をメモ。
■RIVIERA
830 Manhattan Avenue, Brooklyn
open : 8:00~21:00

典型的なポーリッシュベーカリー。



騒然と並ぶパンの他に、クッキーやケーキ、マカロンなどもあります。

クッキーと、天板状に焼かれたケーキ類(アップルパイやチーズケーキなど)は量り売りのよう。

店内は気取らない雰囲気で、おじさん、おじいちゃんなんかもコーヒーとお菓子を囲んでワイワイ話し込んでいます。
これだけの量あるのに夕方や夜行くとパンは売り切れ。 すごい!


■Peter Pan  Donut & Pastry Shop 727 Manhattan Ave, Brooklyn
open : 4:30~20:00 *土日はopen&closeともに一時間早まります。

ニューヨークドーナツ、発祥の地と言われているお店。


本当にここがオリジナルなのかわかりませんが、聖地であることは確か。


A weekend in NY. / 最初の土曜日!

イメージ
今日はニューヨークに到着して初めての土曜日!
(先週到着したの土曜だけど夜だからノーカウント。)
一週間分の洗濯を早々とこなすはずが、なかなか手間取り結局ヨガスタジオにダッシュすることに…。
McCarren Park を猛ダッシュで横断し、結局2、3分遅刻はしたものの、そこは外国。
無事10時のクラスに滑り込みました。



先生も前回とおなじ男性で、それこそおなじアーサナをこなし、気持ちよく午前のアクティビティを終了。
やっぱり週に1、2回は体を動かさないと!(少ないのかな…)



McCarren Park ではファーマーズマーケットをやっていました。





お野菜だけではなく、肉、魚、お花、牛乳、パンやハチミツとなんでもござれ。

売り切れるのかな?! と心配するほど山積みのお野菜たちですが、すこしみていると買う方も大量買いが多い模様。

これは…一日が終わるころにはさばけるんだろうな…。


天気の良い休日ということもあって、とにかく家族連れが多くて微笑ましい光景がたくさん拝めました。


そのあとルームメイトのErica と近所の北欧カフェ Budin で宿題。