Stay juicy. / コールドプレス系ジュース、飲んでみた。




コスメにはあまり興味がないわたしですが、
マクロビとか、ファスティングとか、ジュースクレンズなど “なかから改善” する系統には目がありません。

恵比寿のSUNSHINE JUICE(サンシャインジュース)は流行りのコールドプレス式ジュースバー。

ジュースクレンズの事前調査に、こちらでデトックス系の「GREEN DETOXER」を一本飲んできました。

ま、まずい!!
目が覚めるまずさ!

これは…効きそうだ。



さて、30度以上の熱をかけていない場合、「コールドプレス」と表示できます。

コールドプレスとは、加熱して搾る熱間搾汁に対していわれだした製法です。
ジュースだけではなく、オリーブオイルなど “搾る” ものには当てはまります。

コールドプレスで作られたジュースは、特殊なミキサーで野菜や果物を押し潰し、素材が持つ水分だけでつくられます。
通常の高速ジューサーとは異なり、熱を加えずに圧搾してつくるので、熱に弱い酵素やビタミンC、B群などを壊さず、素材が持つ栄養を丸ごと摂取することができると今注目されています。
また、酸化防止剤、保存料なども使用していないのも特徴。


簡単に言えば、

- 栄養素が壊れていない状態で、かつ、余分な水分を加えず素材が持つ水分のみで作られるので、栄養価が非常に高い。

- 消化器に負担が少ない。

の2点です。


ちなみに、昨今の “スムージー&ジュース最強説” も信じすぎてはだめで、
一般的に冷たいものは体を冷やすし、
美白に良いといわれている食べ物も摂り方によっては逆効果です。

たとえば、野菜ではパセリやセロリ、きゅうり、しそ、そして果物だと、キウイ、グレープフルーツ、レモン、オレンジなどの柑橘類に多く含まれている「ソラレン」という要素は紫外線の影響を受けやすい成分。

ソラレンを摂取してから9~10時間ほどは、長く日光を浴びる状態を避けたほうがベターです。

また、自宅でふつう使っているようなジューサーは、野菜や果物に熱が入ってしまっているので、
あまり栄養面では期待できません。
(前述のように、高温でビタミンなどが死んでしまうため。)



もちろん、食物繊維やなんかは摂れますし、飲まないよりはマシ。
ただ、過信は禁物ということです。


デメリットもありますが、近いうちにジュースクレンズにトライしてみようと思います。


東京都渋谷区恵比寿1-5-8
※日曜日は定休日のようです。

ジュースクレンズは1日、3日、5日の3パターン提供されています。
詳しくはこちら。



東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F

ジュースクレンズは完全予約制のよう。



コメント

このブログの人気の投稿

Casual dishes in Barcelona./ バルセロナでゆるーい美食を。

Fasting Experience / 初めてのファスティングを経て。

One-day Juice Cleanse. / レインボー・ジュースクレンズ。